溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射とは

溶射とは

溶射とは

金属やセラミックスを溶融又は半溶融状態まで加熱させ、素材表面に衝突・堆積させ皮膜とする表面改質技術の一種です。


溶射の「溶」は溶融させることを意味し、溶射の「射」は衝突・堆積に相当します。したがって良い溶射皮膜を作るには充分な溶融状態を作るための高温状態と、粒子を吹き付けるための高速状態が必要となります。溶射法における成膜プロセスは、溶融された粒子が基材に衝突、同時に扁平化します。また一部は飛沫となって飛び散るものもあります。溶融されて液体になった原料粒子が次々と積層してゆくことで成膜されます。

溶射の基本原理

溶射とは、燃焼炎や電気エネルギーを用いて各種材料を溶融し、それらを素材表面に付着させて皮膜を形成させる技術です。各種材料を吹き付けることにより様々な機器・装置の部材表面に優れた機能と品質を付加します。また、工業的実用性に優れ、コストパフォーマンスの高いコーティング技術であり、溶射材料も金属、セラミックス、プラスチックなど多岐にわたり、航空機、発電設備、自動車をはじめ、あらゆる産業機械に対して、長寿命化、性能の向上、生産・メンテナンスコストの削減等に寄与しています。

関連情報

さまざまな溶射法

用語集

このページのトップへ