泉北工場 溶射ブログ

溶射と表面改質技術のフロントランナー。
大阪富士工業泉北工場のスタッフが様々な情報を発信しています!

溶射の大阪富士 Thermal Spray web >  泉北工場 溶射ブログ

ゴールパフォーマンス

大阪富士の溶射ブログをご覧いただきありがとうございます。

2月に入り、寒い日が続いていますが、体調は如何でしょうか。
今年もインフルエンザが大流行し、泉北工場でもインフルエンザにかかってしまい休まれている方が数名いました。手洗い、うがいをして予防するようにしましょう。
さて話が変わりますが、海外サッカー選手のゴール時に行ったパフォーマンスが相手を侮蔑する時のジェスチャーに似ており、すごく問題になりました。(結局はお咎めなしでしたが。)彼がその行為の意味を知っていて行ったかはわかりませんが、とらえ方は個人差があり、快く思わない人もいるのだなと感じさせられました。
皆様も外国に行くときは、その国のルールやマナー違反をしないよう注意してください。


謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
そして大阪富士工業㈱の溶射ブログをご覧頂きありがとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。
さて、皆様は年末年始をどの様に過ごされましたでしょうか。家で過ごした方・外で過ごした方・家族や友達・一人で過ごした方、色々と過ごし方がありますね。
私はというと、ほぼ家で家族と過ごし、買い物や食事でたまに外出する程度でした。おかげでズボンがとてもきつくなってしまい、しばらく辞めていたジョギングを再開しようと思っている今日この頃です。
皆様におかれましては2019年も良い年でありますように。

Shigeo


年の瀬

いつも泉北工場の溶射ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年も残すところわずかになりましたが、今年やり残したことはないでしょうか??
泉北工場は、12月28日まで業務を行っていますが、毎年28日は大掃除の日となっています。
みんなで一斉に事務所、工場の掃除を行っています。
私の机のまわりはいつも物が多くあるので、大掃除できれいにするのですが、時間が経つにつれ
どんどん汚れていくという悪循環です。
これは性格の問題かもしれないのですが、なかなか物を捨てることが出来ず、また使うだろう、
いつか必要になるだろうと思い置いてしまうのです。
なので、今年は大掃除で整理・整頓をしっかりと行い、新しい年を迎えたいと思います。

2019年も泉北工場、溶射ブログをよろしくお願いします。


以上、すだち君でした。


My Car

いつも、泉北工場 溶射ホームページのブログをご覧いただき有難うございます。

10月に新車を購入し、ディーラーで1カ月点検を行いました。
点検に立会うことが出来るとのことで、久々エンジンルームを覗くことができました。
上から覗くとエンジンルームは、手を入れる隙間もなくアイドリングストップ用の巨大なバッテリーがあり、エンジンカバーを外すとエンジンを制御するための無数配線が存在していました。
下から覗くとターボがエンジンの後ろ側に取付けてあり、冷却効果が悪いので、インタークーラが取付けてありました。(前方にあると思っていましたが)
また、データロガーを接続することで、エンジンの全ての状態を確認出来ることや、異常箇所がモニターできるとのことでした。
自動車を乗り始めたころは、全ては機械式で構成され、自分で修理調整したりすることができました。今の自動車は電子制御の配線も多く、手が入る隙間も無いので整備士に対応してもらわなくてはならないと認識しました。

ペンネーム:ゼロ


袋ラーメン

皆さんこんにちは!麺s&Beersです。

朝晩は、めっきり寒くなり今年もインフルエンザのキーワードが聞こえて参りましたが、予像接種や手洗いうがいをはじめ、充分対策を取って気をつけて行きましょう。

ふと思いましたが、生物にとってインフルエンザ等の病は充分な対策を取っておかないと伝染、拡大もあり時には重大な被害にもなりますが、溶射皮膜にとって置き換えると操業環境への配慮がそれにあたります。酸やアルカリ等の激しい腐食環境になったり、急激な温度変化が起こったりとする環境では、事前に充分な対策(材料選定、封孔)を行わないと大変な事になります、何事も事前段取り大切ですね。

話しは変わりますが、先日とある居酒屋で『袋ラーメンの中で何が一番か?』との議論を社内袋ラーメン愛好家の中で行いました。評価項目としてはコストパフォーマンスや出汁の個性、レア性、具材との組み合わせ等も加わり自身の推しラーメンを出し合いましたが結局意見がまとまらず現時点で関係者No1の袋ラーメンは見つかっておりませんでした。結局のところ自分の好きな物がNo1なんだな…とつくづく感じた次第です。 ちなみに私のNo1は地元愛が強いですがこれです。



このページのトップへ