泉北工場 溶射ブログ

溶射と表面改質技術のフロントランナー。
大阪富士工業泉北工場のスタッフが様々な情報を発信しています!

溶射の大阪富士 Thermal Spray web >  泉北工場 溶射ブログ

台風18号のち体育祭

いつも泉北工場のブログをご覧いただき有難うございます。

先日、台風18号が日本列島を縦断し、泉北工場の周辺地域も一時的に暴風雨となりましたが、幸い従業員や工場に被害もなく安心しました。
これから秋の現地溶射工事が始まります。空気はすっかり秋へと入れ替わり、朝晩は少し肌寒くなってきたので体調管理を確りと行い、無事故、無災害で乗り切っていきたいと思います。

さて、前回のブログで我が母校(小・中学校)の閉校式をご紹介しましたが、今回は新しい小中一貫校での体育祭をご紹介します。台風18号の影響で1日順延となりましたが、高台にある新しい小中一貫校は非常に水ハケがよく、水溜りが一つもなかった事に驚かされました。また、新しい学校に移ったとはいえ、生徒数や保護者も少なく、運動場にスペースがまだまだあり、贅沢に使用させていただきました。(写真)
 競技内容は、昨年までの小中合同体育祭とほぼ同じ内容でしたが、旧学校地区(5町)による町対抗競技がなくなったのは、少し寂しく感じられました。今年から新しい街の生徒と一緒になった事がその理由ですが、これからは旧学校地区の良さも残しながら、新しい事を取り入れて欲しいと思います。
ご安全に。 ― 久 ―



へたっぴライダーのひとりごと

溶射ブログをご覧いただきありがとうございます。

バイクを趣味としている私ですが、最近少々驚いたことがあります。
それは、ヤマハが定番車種を含め9車種もの生産中止を発表したことです。
昨今厳しくなる排ガス規制に対応が困難になったためと言われています。
燃焼効率の改善だけでは対応しきれず、設計からの見直しが必要のようです。
ほかのメーカーも同様で、最近の生産中止やモデルチェンジには排ガス規制対応のためもあると言われています。

そんな中、気になるうわさがあります。
排気量50㏄いわゆる原付バイクがなくなるといううわさです。
小排気量車はもともと馬力が小さく、排ガス規制に対応するとさらに力がなくなります。
そのため、力不足でまともに走れないといわれています。

実際どうなるかわかりませんが、これから作られるバイクがただの道具ではなく、生活を豊かにする魅力あるものであってほしいです。

たかじい


お祭りの秋

いつも大阪富士の溶射ブログをご覧いただきまして、有り難うございます。

秋めいて参りました。
みなさんはどんな秋を楽しんでいらっしゃいますか?

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。
そして、お祭りの秋。

大阪富士工業の溶射工場は大阪泉州地区にあり、だんじり祭りが盛んな地域です。
岸和田だんじり祭りは、約300年の歴史があり、テレビでもよく取り上げられる有名なお祭りです。

今年の岸和田だんじり祭りは、9月16日、17日に開催されます。
岸和田生まれ、岸和田育ちの私は、今年もだんじり祭りに参加する予定です。
(参加と言っても見物するだけですが・・・)

見物された事のない方、だんじりの“迫力”を体感しませんか?
彫り物が見事な大きなだんじり、だんじり囃子、威勢の良い掛け声、どれをとってもすごく迫力を感じます。

露店もたくさん出てますので、お子様も喜ばれると思います。
ご家族で岸和田だんじり祭りへ出掛けられてはいかがでしょうか。

ゆうこさん



スポーツの秋

暑い夏もそろそろ終わりに近づいてる気配が、大阪では朝晩の涼さで感じ取られます。
ブログをご覧になってる皆様も、季節の変わり目で体調等を崩さないようお気を付け
下さい。

さて、これから秋に向かいますが、今年はスポーツの秋を楽しみたいと考えております。
まず、サッカーですが8月31日にオーストラリア戦で勝利すればワールドカップに
出場が決まります。(このブログが出た時にはきまっているかも?)

次に、阪神タイガース!何度も自力優勝が消えては出てきます。今年のタイガースは
ひと味違います。がんばれ金本タイガース!日本一になってくれ~!!!

最後は、ラグビー!先日のお盆の日に高校時代のラグビーOB会が40年ぶりに開催
され参加してきましたが、まだまだ全員ラグビーを愛しておりました。
昨年の南アフリカに勝利した時は、私も感動しておりましたが その話が始まると
全員それぞれの思いがあり、泣き出す者もいました。
来年は、日本でラグビーのワールドカップが開催されます。
現在トップリーグの試合が始まっておりますが、一度花園ラグビー場へ試合を見に
行こうと友人と計画しております。

皆様も色々な秋を楽しんで頂きたいと思います。

最後に、溶射のことなら大阪富士に御相談下さい。
                             BY BASSMAN


このページのトップへ