泉北工場 溶射ブログ

溶射と表面改質技術のフロントランナー。
大阪富士工業泉北工場のスタッフが様々な情報を発信しています!

溶射の大阪富士 Thermal Spray web >  泉北工場 溶射ブログ

有馬温泉

テレビ朝日の「奇跡の地球物語」という番組で、12月1日に「有馬温泉~名湯を生み出す地球エネルギー~」というタイトルの放送がありました。
内容なのですが、
有馬温泉の近くには火山がないにもかかわらず100℃近い熱湯が湧き出し、海水の1.4倍もの塩分を含んでいる。
本来、湧くはずのない所で湧いているという非常に珍しい温泉だそうで、このお湯がどこからやってくるのか、その秘密について科学が迫るという内容でした。
(本来、温泉の近くには火山があることが多く、地下水が火山のマグマにより熱せられて湧き出すそうです。)
では、火山がない場所で98℃もの高温が湧くのかというと、源泉の成分からマントル由来のヘリウムが検出されたことによりマントルの下からやって着ており、その深さは60kmくらいだそうで、地球内部のエネルギーにより高温に温められ湧きあがってくるそうです。
(一般的な温泉の深さは、地下3km程度です)

しかし、地下60kmに水が存在するのかという疑問が残ります。
その答えが今年5月に判明したそうで、フィリピンにある活火山から噴出した岩石を調査したところ、その中から、海水よりも濃い塩水を含んだ0.03mm位の水泡が多数発見されたことによりその答えが判明したという興味深い内容でした。要するに、マントル対流で太平洋の海水を含んだ海洋プレートが、アジア大陸プレートの下にもぐり込むときにその岩石ができるということです。
また、余談になりますが、今湧き出ているお湯は約600万年前のものだそうです。
今回のテレビ番組がきっかけで興味を持ったので時間を見つけて日本三大名泉のひとつ「有馬温泉」に出向き、日ごろ、溶射の仕事の疲れた体を癒したいと思います。

スダチ君


関門橋


11月初旬に、大阪から山口県下関まで約520kmのロングドライブをしました。
下関には夕方に到着し、ランドマークの海峡ゆめタワーが出迎えてくれました。下関と対岸の福岡県北九州市門司区とは1971年に完成した関門橋が架けられており、現在も本州と九州を渡す交通の要所となっています。
関門橋は亜鉛溶射(溶射仕様:亜鉛溶射75μm、上塗塗装フェノールMIO塩化ゴム系上盛(6回))が施工されています。間近で見るとその大きさに圧倒されると同時に、溶射施工面積を考えると気が遠くなります。当時、溶射施工に携われた方が大変苦労されたことが容易に想像できました。溶射施工された巨大建造物は、国内に多く存在しますので、機会を設けて巡りたいと思います。

写真(上):関門橋、 写真(下)海峡ゆめタワー

ペンネーム:ゼロ



日本溶射学会 全国講演大会

ご安全に! 

11月18日、19日に開催された日本溶射学会の第98回全国講演大会に出席いたしました。
特別講演では「レーザーによる金属粉末積層」という内容で3Dレーザープリンタ技術の講演がありました。近年では樹脂成形だけでなく金属成形技術も進んでいるようでステンレス鋼やインコネル625を用いて拳銃を製造して試射に成功したようです。コストや量産性にはまだまだ課題はありますが、航空機や医療分野にも発展していく可能性があるようです。
弊社でも水プラズマ技術を応用したセラミック成型品のWAPLOC(Water Plasma Oxide Ceramics)を製造しておりますが、溶射加工による成形技術にも応用していきたいですね。
また、他の講演では高速フレーム溶射(HVOF、HVAF)、コールドスプレー、ウォームスプレーを用いての溶射皮膜の特性評価や研究についての発表があり、大変興味深い内容ばかりでした。

ペンネーム:esk


旅(出張の途中で)

皆さんご安全に!麺s&Beersです。初めてのブログアップですので、少し自分の紹介を兼ねて近況をご報告させていただきます!
私は、主に建設業からみの工事を多く担当しており、全国各地の溶射を求められる現場に出入りさせていただいております。各種業界紙などにも取り上げられておりますが、最近は火力発電関連需要の拡大に伴い、各種保全工事などが多くなっているように感じます。
業界の皆様!短い工期や突貫工事もありますが安全第一で頑張りましょう!

さて、私の紹介ですがペンネームの通り麺類と酒が大好きな中年男子です。不謹慎な話ではありますが各種案件で全国各地へ旅する機会が多い為、行った先では必ず麺類「特にラーメン」を物色しております。特に最近のお気に入りは極太カタ麺にはまっており、日々追及に勤しんでおります。現時点で最も気に入っているのは和歌山県に2店舗あるお店の一杯です!私の考えるラーメン理論には「この世に不味いラーメンはなく、すべて個性である」と常に考えております。これからも全国各地の溶射案件と麺類の追求を行ない、果てはコラボ麺の開発を夢見たいと思います(笑)。

添付写真:徳島県板野郡某所 肉入り大(カタ麺)

麺s&Beers



溶射の全国講演大会、密教修行体験記

日本溶射学会の全国講演大会が、11月18日(月)と19日(火)に東大阪で開催されます。プログラムは、ネット上でも公開されていますが、溶射装置、皮膜特性、溶射材料、コールドスプレー、ウォームスプレー、耐食・耐摩耗などのセッションに分かれて色々な講演があるようです。都合がつけば参加したいと思いますが、もし、行かれる方で面白い内容がありましたら後日また教えて下さい。
ところで、
溶射の話とはあまり関係がないかもしれませんが、
今年7月末に、読売新聞大阪本社が運営する「わいず倶楽部」のイベントで、高野山開創1200年プロジェクト第3弾「下座行と授戒~天空の聖地・高野山で真言密教修行体験」に参加してきました。定員30人で応募が240人以上ということで、8倍の抽選にうまく当たりました。午前中は、5人ずつ6班に分かれて、奥の院でお墓の清掃奉仕をして、弘法大師(空海)の御廟へお参りして、そのあとは精進料理の昼食でした。高野山は標高約900mということで、7月末ながら気温23℃位でしたが、清掃の後はけっこう汗だくでした。(なぜか自分だけ大汗で、参加した人の中では間違いなく最年少!という顔ぶれ)精進料理は、こんなに美味しくていいんですか?というぐらい味も見た目もよかったですね。
午後からは、総本堂(金堂)の畳や板間の雑巾がけでしたが、午前中のように汗だくにならないようにセーブしながらやりました。そのあと、霊宝館の解説ツアーで仏像や曼荼羅(まんだら)などの展示物を見ました。専門の解説員が案内してくれましたので、その時はよく分かったような気がしました。(昔から宝物の保管は火事との戦いのようです)最後に、大師教会でお授戒ということで、真っ暗な中でお坊さんと一緒にお経や呪文を唱えたりしましたが、途中で何回もコックリ~コックリと気持ちよく居眠り状態になりました。(ごめんなさい)子供たちも参加していましたので、最初はざわざわした感じでしたが、そのうち静かになって、最後に「菩薩戒牒」というお札をもらって無事終了しました。お札の中(開けていませんが)には、菩薩十善戒という日常生活の中で守るべき10の行いについての戒めが書かれているようです。ごく当り前のような事ばかりですが、実行するのは以外に難しいようです。詳しくは、高野山真言宗・総本山金剛峯寺の公式HPを見て下さい。
  ①不殺生(ふせっしょう):生きものを殺さない
  ②不偸盗(ふちゅうとう):盗んではいけない
  ③不邪淫(ふじゃいん):不倫な関係をしてはいけない
  ④不妄語(ふもうご):うそをついてはいけない
  ⑤不綺後(ふきご):お世辞など、無益なことを言わない
  ⑥不悪口(ふあっく):悪罵しない
  ⑦不両舌(ふりょうぜつ):二枚舌を使わない
  ⑧不慳貪(ふけんどん):むさぼらない
  ⑨不瞋恚(ふしんに):怒らない
  ⑩不邪見(ふじゃけん):間違ったものの見方をしない
授戒を受けて、一応、弘法大師(空海)の弟子になることができたようです。
(溶射の話とはあまり関係ありませんでしたが・・)


午前:
奥の院に入ったすぐの所で開始前の説明会です。写真の奥には、奥州名門家の供養塔(私の清掃担当区域)が見えます。なお、わいず倶楽部への入会は、アラカン以上という年齢条件があります。


午後:
総本堂(金堂)の中には秘仏本尊があり、平成27年の高野山開創1200年記念大法会のときに80年ぶりに開帳されるようです。また、有名な日本画家の絵が壁に描かれており、これは間近に見ることができます。


午後:
高野山のシンボル根本大塔です。内部には、大日如来や阿弥陀如来などの金色の大きな仏像がならんでおり、本当に立派なもので圧倒されます。


16時すぎ解散で、本当に充実した一日でした。
ご安全に!
ペンネーム:泉北工場をこよなく愛する「あいさん」より


このページのトップへ