溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射の活用分野 > 化学・薬品分野

昨今、化学薬品の貯蔵庫・配管等に溶射を適用することが多くなりました。化学薬品に強く、気孔の少ない皮膜を素材上に成膜させることにより、素材および機器の寿命を延ばします。各種セラミックやハステロイのような材料が、この分野で効力を発揮します。

適用事例

塩化水素用スリーブ


塩化ビニルの製作に必要な塩化水素が、配管(スリーブ)の内面を腐食するため、配管(スリーブ)の内側にセラミック溶射を行っています。このスリーブの内面寸法は63mm以下であり、正確なロボット操作と溶射機の設定・取り扱いが必要になります。


塩化水素用スリーブ

塩化水素用スリーブ

溶射法プラズマ溶射(内径溶射)
溶射材セラミックス
膜厚0.3~0.4mm
要求性能耐化学薬品

これ以外の耐化学薬品の溶射施工についても、多くの実績があります。化学薬品によって素材がダメージを受け、操業に支障をきたすおそれがある場合には、ぜひ当社までお問い合わせください。


このページのトップへ