溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射の活用分野

溶射の活用分野

半導体・IT分野

半導体・IT業界における溶射の重要性も増してきており、当社でも実績を重ねています。 よりクリアな施工環境が求められる半導体部品の、高品質・ハイレベルな要求事項に応えられるよう、日々研究を進めています。

製紙・繊維・フィルム分野

製紙用ロールは工程上、紙による衝撃や磨耗・腐食が激しいため、耐磨耗性・耐衝撃性・耐食性が強く求められています。当社は、さまざまな形状・種類の製紙用ロールについて、多くの施工実績を有しています。

製鉄分野

製鉄設備で使用される装置や機械は、製鉄工程特有の高温・腐食環境など、過酷な状況で使用されます。したがって、それらの使用部材や表面には、耐摩耗・耐熱・防食といった性能が強く求められます。溶射は、このような部材や表面の高寿命化に欠かせない技術として活用されています。

航空宇宙分野

No.A4210-JIS9100
航空宇宙品質マネジメントシステム認証取得

絶対の安全性、信頼性が要求される航空機技術。近年、エンジン作動最高温度が1,600℃の航空機ジェットエンジンが実用化された。これにより更に過酷な環境から構成部品を保護し、部品寿命を確保するべく、遮熱コーティングの要求精度が高まっています。

発電所分野

事業用発電施設における火炉蒸発管の損傷対策に、溶射皮膜が適用されています。

化学・薬品分野

昨今、化学薬品の貯蔵庫・配管等に溶射を適用することが多くなりました。化学薬品に強く、気孔の少ない皮膜を基材上に成膜させることにより、基材および機器の寿命を延ばします。各種セラミックやハステロイのような材料が、この分野で効力を発揮します。

建設分野

現在まで様々な実績がございます。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

その他

ロールや軸、ベアリング、ケーシング、ローラーなど、さまざまな機械設備・工業製品の部品の補修はもちろん、装飾目的の施工なども実施しています。母材がSSやステンレスなどの品物の表面を補修しつつ、画期的に寿命を延ばす皮膜もあります。一品ものから承っておりますので、ぜひ一度お気軽に当社までご相談ください。

このページのトップへ