溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射の活用分野 > 製紙・繊維・フィルム分野

製紙用ロールは工程上、紙による衝撃や磨耗・腐食が激しいため、耐磨耗性・耐衝撃性・耐食性が強く求められています。当社は、さまざまな形状・種類の製紙用ロールについて、多くの施工実績を有しています。

施工事例(長網式抄紙機)

概要


形 状 φ330~800×5,600~8,000
材 質鋳鉄
使用条件抄紙機(ワイヤーパート、プレスパート)
温 度:常温
通板材:ナイロンワイヤー、湿紙
その他:白水による腐食あり
要求性能耐磨耗、紙離れ製、耐食性
従来対策ゴムライニング
溶射仕様材 料:アルミナ系セラミックス
溶射法:水プラズマ法

全体の形状



施工の様子


水プラズマ溶射によるロール

水プラズマ溶射による製紙ロールへの溶射

製紙ロール研磨後の写真


このページのトップへ