溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射の活用分野 > 製鉄分野

製鉄設備で使用される装置や機械は、製鉄工程特有の高温・腐食環境など、過酷な状況で使用されます。したがって、それらの使用部材や表面には、耐摩耗・耐熱・防食といった性能が強く求められます。溶射は、このような部材や表面の高寿命化に欠かせない技術として活用されています。


施工事例

製品名形状等要求性能溶射仕様
コンベアプーリーφ200~φ800×1,000L~2,000L耐磨耗・防錆セラミックス
コークス炉・上昇管φ450×500L耐腐食磨耗耐熱耐食合金
CDQボイラチューブボイラチューブ耐エロージョン磨耗・耐高温腐食自溶合金・サーメット
酸洗ブライドルロールφ1,500×1,850耐磨耗・スリップ防止・耐食サーメット
サポートロールφ165×1,100耐磨耗・耐焼き付き自溶合金・サーメット
熱延ブライドルロールφ1,500×1,850耐磨耗・スリップ防止・耐食・鉄粉付着防止サーメット
亜鉛メッキ浴中ロールφ200~660×1,800~2,100耐溶融亜鉛、耐ドロス付着自社開発材料+自社開発封孔剤
抽出ローラーφ400×375(つづみ型胴部)耐ビルドアップ、耐摩耗サーメット
バックアップロールジャーナル部形状復元、耐摩耗13Cr系・軟鋼系

コンベアプーリー

コークス炉・上昇管


このページのトップへ