溶射の大阪富士 Thermal Spray web > お悩みから探す > 形状復元・厚盛

形状復元・厚盛

産業機械部品などの設備を稼動させる際、金属部品同士の擦れによる摩擦や衝撃による欠損により減肉や欠損はつきものです。そのような場合に有効な手段の一つが、溶射による肉盛補修です。溶射は溶接と異なり、セラミックスやサーメット(金属とセラミックスを混合した複合材料)を皮膜の形成に使用できるほか、母材についても材質を選ばないため、さまざまな用途で利用することができます。

高硬度・耐熱・耐食・耐衝撃など、機械部品の表面に付加できる性質もさまざまです。また、減肉の進んだ製品については、寸法を復元するための肉盛溶射も実施できます(製品の形状や溶射材料にもよる)。

事例


クランクフランジ 外径補修

ケース 内径補修

このページのトップへ