溶射の大阪富士 Thermal Spray web > 溶射Q&A > Q&A:基本

基本

Q1-1.溶射とは何ですか?

A.溶射とは燃焼炎や電気エネルギーを用いて各種材料を溶融し、それらを素材表面に付着させて皮膜を
形成させることにより、様々な機器・装置の部材表面に優れた機能と品質を付加させる表面被覆技術です。

Q1-2.溶射の表面改質で皮膜に使用できるのは、どのような材料ですか?

A.金属(Al、Zn、SUS、軟鋼、各種合金材料)、セラミックス(アルミナ系、ジルコニア系、チタニア系)、サーメットなどを溶射することができます。

Q1-3.溶射を利用できるのは、どのような材質の素材ですか?

A.鉄系材料(SS材、SUS材)、チタン、アルミ、セラミックス、カーボン、ガラス、プラスチック、紙など多種多様な材質に溶射することができます。

Q1-4.溶射は、どれくらいの重さ・大きさのものまで加工できますか?

A.当社工場では、重量で最大20t、サイズでロール形状Φ1500×8000Lまで対応可能です。

Q1-5.溶射による表面被覆の厚みは、どれくらいまで可能ですか?

A.材料によって異なりますが、水プラズマ溶射法によるセラミックスの溶射の場合、最大20mmまで溶射することが可能です。

Q1-6.溶射による耐熱性能は、何℃まで大丈夫なのですか?

A.素材の形状・物性にもよりますが、ガスタービン等のサーマルバリアコーティングに使用するMCrAlY+セラミックス系では、約1100℃の高温ガス下でも対応可能です。

Q1-7.溶射は、どのくらいの内径まで施工可能なのでしょうか?

A.溶射方法によって異なりますが、パイプ形状であればΦ60×400Lまで継ぎ目無しで溶射可能です。

Q1-8.溶射皮膜はどんな色になりますか?

A.水色・白色・灰色・黄色・赤色・黒色・茶色等、溶射する材料により色は異なります。ご希望の色合いがあれば、当社までご相談ください。


このページのトップへ